利用規約

株式会社ラーナロット(以下、「甲」といいます。)は、甲が運営する「ラーナロット・オンラインプリスクール」で提供するオンラインレッスンサービス等(以下、「本サービス」といいます。)の利用に関し、以下の利用規約(以下、「本規約」といいます。)を定めております。本サービスのご利用については(なお、本サービスの申込希望者及び利用者を総称して「乙」といいます。)、本規約の規定が適用されます。

 

 

第1条(本規約の適用範囲および変更)

1.本規約の適用範囲には、甲のウェブサイト(以下、「本サイト」といいます。)に規定するものに加えて、甲が乙に対して提供する電子メールおよびアプリケーション等で発信する情報が含まれます。

2.甲は、次の各号のいずれかに該当する場合、乙の承諾を得ることなく、本規約の内容を変更すること(本規約に新たな内容を追加することを含む)ができるものとします。

⑴ 利用規約の変更が乙の一般の利益に適合するとき。

⑵ 利用規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更にかかる事情に照らして合理的なものであるとき。

3.本規約を変更する場合、甲は、予め本サイトにて本規約を変更する旨及び変更後の規約の内容並びにその効力発生時期を告知します。

 

第2条(本サービスの申し込み)

1.乙は、甲が別途定める手段にて本サービスへの登録申し込みを行うものとします。なお、乙は、本サービスの登録申し込みにあたり、以下の事項に同意し、これを遵守するものとします。

(1) 通信環境が本サービスの利用に支障がないことを確認すること

(2) 乙が未成年の場合、親権者等法定代理人の同意を得ること

(3) 本サービスの利用料金を本規約に定める決済方法により支払うこと

(4) 甲は乙に対して本サービスに関する電子メールによる通知、広告、アンケート等を実施することができること

2.甲は乙による代金の支払が確認できるまで本サービスの利用を制限できるものとします。

3.甲は、乙が以下に定める事由に該当する場合、乙の申し込みを拒否することができ、また、乙の申し込みを取消すことができます。

(1) 乙が実在しない、又は実在しない恐れがあると判断した場合

(2) 本規約の違反等により、アカウントの一時停止、登録取消処分若しくは登録申し込みの不承諾を現に受け、又は過去に受けた事がある場合

(3) 登録申し込みの際の申告事項に、虚偽、誤記、又は記入漏れがあった場合

(4) 登録申し込みの際に決済手段として利用者等が届け出たクレジットカードがクレジットカード会社により無効扱いとされている場合、又は甲の指定する決済関係先が当該利用者等との契約の締結を拒否した場合

(5) 同一人物により複数のアカウントが登録された恐れがある場合

(6) その他、甲が不適当と判断した場合

4.乙は、本サービスへの登録後、本規約に定める利用料金の支払いが甲のシステム上で確認された日(以下「利用開始日」といいます。)から本サービスの利用を開始できるものとします。

 

 

第4条(登録情報の利用と取り扱い)

1.甲は乙の登録情報のうち「個人情報」に該当する情報について、甲が別途定める「プライバシーポリシー」に則って適切に取り扱うものとします。

2.乙は登録した情報を厳重に管理するものとします。甲は、本サイトにてIDおよびパスワードの一致を確認することにより、本サービスの利用者が乙本人によるものとみなします。

3.乙による登録情報の失念、消失および管理の不徹底により生じた損害について、一切の責任を負いません。また乙は自己の登録情報が他者によって不正利用されていることを知った場合、ただちに甲にその旨を連絡し、甲の指示に従うものとします。

4.甲は、前項に該当する場合を除き、登録情報を利用者等の事前の承諾なく第三者に開示しないものとします。但し、以下に該当する場合は、この限りではありません。

(1) 法令に基づく要請を受けた場合

(2) 提供を拒むことによって公共の利益に反する問題が発生する場合であって、乙の同意を得ることが困難であるとき

(3) 国の機関若しくは地方公共団体、又はその委託を受けたものが、法令の定める事務を遂行することに協力する必要がある場合であって、乙の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき

(4) 甲の正当な権利行使に必要な場合

 

 

第5条 (登録情報の変更)

1.乙は、自身の登録情報に変更が生じた場合、甲が別途定める方法によって速やかに当該登録情報を変更するものとします。なお、甲は、乙が当該変更手続きを遅滞したことにより損害等を被ったとしても、一切の責任を負わないものとします。

 

 

第6条(利用料金)

1.乙は、本サービスの利用の対価として、甲に対して、甲が別途定める利用料金を支払うものとします。なお、乙は、利用料金に係る消費税及びその他、付加される税を負担するものとします。

2.乙は、本サービスにおける利用料金を以下のいずれかの方法にて支払うものとします。

(1)クレジットカード

甲は、本サービス利用後に支払われた利用料金につき、理由を問わず返金いたしません。但し、甲の責めに帰すべき事由により本サービスが提供されなかった場合にはこの限りではありません。

 

 

第7条(月会員の契約期間)

1.月会員の最低契約期間は、申込みの日の属する月の翌月1日からを基準とし、1ヶ月を最低契約期間とします。退会希望の場合は期間満了の月の前月10日までに申し出ることとし、申し出がないときは、自動的に1ヶ月延長するものとし、以降これに準ずるものとします。

2.乙は、前項の申し出をするときは、運営事務局([email protected])宛にメールにて連絡することにより行うこととします。

 

 

第8条 (Zoomの利用)

1.Zoomレッスン付きのプランを利用する際、乙は、Zoomの利用に際し、下記の内容について同意しなければなりません。

(1)Zoomの提示する各規約、ガイドラインを遵守すること。

(2)当サービスの利用前までにZoomをダウンロード、インストールし、機能等について確認すること。

(3)Zoomのダウンロード、インストール、設定、使用等について、すべて自己の責任と費用において行うこと。

(4)レッスン開始後に発生したZoomの機能の不具合等について、甲が一切責任を負わないこと。

(5)Zoomチャット機能などを通じて、講師から送られてきたファイルを受信する場合、または当ウェブ以外のURLを開く場合、すべて自己の責任で行うこと。

(6)Zoomが提供するサービスに関する相談、問い合わせ等について、甲が一切対応する義務を負わないこと

 2.乙が、レッスン開始予定時刻から10分が経過するまでに、甲又は当該レッスンを担当する講師からの問いかけに応答するか否かにかかわらず、レッスンを開始することができない場合、甲は、乙がレッスンを欠席したものとみなし、当該レッスンを終了することができるものとします。
3.甲は、乙がレッスンの無断欠席を繰り返し行った場合、乙に対して、警告、改善指示等を行うことができるものとします。
4.甲は、理由の如何にかかわらず、乙の都合によるレッスンの欠席による補填、補償等は一切行いません。
5.講師は、やむを得ない事情により欠席する場合があり、その場合、甲は休講連絡を当該レッスンを予約した乙に対して電子メール、もしくは電話にて通知し、振替レッスンの設定もしくはレッスン代金の払い戻しを各クレジットカード会社等を通して甲所定の方法で実施します。
6.レッスン開始後に担当講師がやむを得ない事情により指導出来ない状態になった場合は、予約中の乙はレッスン代金の払戻しを各クレジットカード会社等を通して甲所定の方法で実施します。
7.甲は、レッスン中に起こった乙の怪我、事故について一切の責任を負いません。ただし、当該事故等が甲の故意または重過失により発生したときはこの限りではありません。

 

第9条 (禁止行為)

1.乙は、本サービスの利用に際して、以下に定める行為を行ってはなりません。

(1) 他の登録希望者および利用者、第三者もしくは甲の著作権(著作権法第27条および第28条を含む)をはじめとする一切の知的財産権又はその他の権利を侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。
(2) 他の登録希望者および利用者、第三者もしくは甲の財産又はプライバシーを侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。
(3) 上記(1)(2)の他、他の登録希望者および利用者、第三者もしくは甲に不利益又は損害を与える行為、及び与えるおそれのある行為。
(4) 利用者としての権利、立場を、他の利用者、第三者等に譲渡、承継または行使させる等の行為。ただし、契約当事者死亡により、承継を行う場合には、甲が別途指定する手順、方法により甲に対して届出を行い、甲がこれを書面によって認めた場合、この限りではありません。
(5) 他の登録希望者および利用者、第三者もしくは甲を誹謗中傷する行為。
(6) 不正に他の登録希望者および利用者、第三者の保有している情報等を収集、開示する行為。
(7) 公序良俗に反する行為、又はそのおそれのある行為、もしくは公序良俗に反する情報を他の利用者又は第三者に提供する行為。
(8) 犯罪的行為、又は犯罪的行為に結び付く行為、もしくはそのおそれのある行為。
(9) 選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類する行為。
(10) 性風俗、宗教、政治に関する活動。
(11) ユーザID及びパスワードを不正に使用する行為。
(12) コンピュータウィルス等の有害なプログラムを当サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用し、もしくは提供する行為。
(13) その他、法令に違反する、又は違反するおそれのある行為。
(14) その他、甲が不適切と判断する行為。
(15) 目的の如何に関わらず、本サービスを他の登録希望者および利用者、又は登録希望者および利用者以外の第三者に利用させるなどの行為。
2. 前項に該当する行為によって甲及び第三者に損害が生じた場合、利用者資格を喪失した後であっても、乙はすべての法的責任を負うものとし、甲に迷惑をかけないものとします。

 

第10条 (本サービスの中止・中断・停止)

1.甲は、下記のいずれかの事由があると判断した場合、乙に事前の通知等せず、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

(1)本サービスにかかるコンピューターシステムの保守点検または更新を行う場合

(2)地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合

(3)コンピューターまたは通信回線等が事故により停止した場合

(4)その他、甲が本サービスの提供が困難と判断した場合

2.甲は、故意または重過失がある場合を除きサービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても、一切の責任を負わないものとする。

 

 

第11条 (利用制限および登録取消)

1.甲は、乙が下記のいずれかに該当すると判断した場合、本サービスの提供状態を問わず、乙に対して、事前の通知等を要せず、本サービスの利用の中止・中断・停止又は登録の取消の処分を行うことができるものとします。

(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合

(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

(3)料金等の支払い債務の不履行があった場合

(4)甲からの連絡に対し、一定期間返答がない場合

(5)本サービスについて、最終の利用から一定期間利用がない場合

(6)その他の事由で甲が乙の行為を不適切と判断した場合

2.乙が前項を理由とした処分を受けた場合において、甲は既に利用者が支払った利用料金の返金を一切行わないものとします。

3.甲は、第1項に定める事由を理由とした処分により、乙に損害又は不利益等が発生した場合であっても、一切の責任を負うものではありません。

 

 

第12条(情報配信)

1.甲は乙に対して電子メールによる通知、広告およびアンケート等の情報配信を実施できるものとします。

 

第13条 (著作権及び所有権)

1.本サービスに関する映像、画像、音声、商標、ロゴマーク、記載等についての商標権、著作権(著作権法第27条及び第28条で定める権利を含みますがこれに限りません。)、所有権その他の権利(以下「著作権等」といいます)は、全て甲又は権利者に帰属します。乙は、著作権等を無断で使用、侵害すること、雑誌、他のサイト上へのアップロード、転載行為及び第三者への配布等を行ってはなりません。

2.甲は、乙が前項に違反した場合、当該利用者等に対して、商標権法又は著作権法等(その他甲の権利に基づく場合を含みます。)に基づく各処置(警告、告訴、損害賠償請求、差止請求、名誉回復措置等請求等)を行うことができるものとします。

 

 

第14条 (免責事項)

1.乙は、以下の各号に定める事項に起因又は関連して生じた一切の損害について、甲が如何なる賠償責任も負わないことに予め同意します。

(1) 以下の場合により、満足な本サービスの利用ができなかったこと

①乙が希望する特定の時間帯の個人レッスンが予約できなかった場合

②乙のメッセージやデータへの不正アクセスや不正な改変、その他第三者の不正行為に起因する場合(当該不正行為を防止するために必要かつ合理的な対応を甲がしなかったことにつき重過失があったときは除きます。)

(2) 本サービス、本サービスにて提供されるレッスンの学習効果や有効性、正確性、真実性等

(3) 本サービスに関連して甲が紹介・推奨する他社のサービスや教材等の効果や有効性、安全性及び正確性

(4) 甲が推奨する利用環境外での本サービスの利用

(5) zoom又は甲の提携先企業が提供するサービスの不具合、トラブル等により本サービスが利用できなかったこと

(6) 乙の自己責任で受信した、又は、開いたファイル等が原因となりウィルス感染等が発生したこと

(7) 乙の過失によるパスワード等の紛失又は使用不能により本サービスが利用できなかったこと

(8) 当ウェブで提供する全ての情報、リンク先等の完全性、正確性、最新性、安全性等

(9) 当ウェブから、又は当ウェブへリンクしている甲以外の第三者が運営するウェブサイトの内容やその利用等

 

 

第15条(暴力団等反社会的勢力の排除)

1.甲および乙は、自らが暴力団、暴力団員、またはこれらに準じる者などの反社会的勢力に該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当せず、自らまたは第三者を利用して暴力を用いる不当な要求行為、脅迫的な言動、風説の流布、偽計または威力を用いて相手方の信頼を毀損し、または妨害する行為その他これらに準じる行為を行わないことを確約するものとします。

2.甲および乙は、相手方が前項に違反した場合は、契約を解除することができるものとします。

 

 

第16条(協議事項)

1.甲および乙は、お互い信義をもって誠実に本規約を履行するものとします。本規約に記載されていない事項および本規約の条項について疑義が生じたときは、速やかに協議し、誠意をもってその解決にあたるものとします。

 

第17条(準拠法及び合意管轄)

1.本規約は日本法に準拠するものとし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、甲の本社所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

 

本規約は、2021年6月16日から適用するものとします。